やりたい仕事が決まってなくてもキャリアパスは描ける!

「ビジネススキル」といっても、その中身を分解すると様々なスキルで構成されていることが分かります。プレゼンテーション能力や論理的思考力、積極性、業界内で役立つ専門技術…数えるだけでも大変です。ただ、そのスキルを分類していくと、スキルアップが難しい、性格的な特性のグループや、元々持っている思考力といった基礎的な能力のグループだけではなく、努力や経験でスキルアップが可能な、業務能力や実務知識、専門能力のグループが存在することがわかります。

ここで特に注目したいのは、「実務知識」というグループに属する能力です。
そこには、法律、財務、労務、マーケティング、経営管理に関する知識、さらに、語学力、パソコン技能といった能力が属しています。一般にこれらのスキルは、どの業界に就職しても役立つスキルであると言われます。就職後に転職を繰り返したとしても、いつも自分を守ってくれる普遍的な技能なのです。これらの実務能力は、社会人になり、自らのキャリアパスを考えるようになってから、重要性に気付く方が多いのが現状です。

実務スキルが、どの業界でも役立つ普遍的なスキルだということは、どの業界に就職するかを決めていない大学生初期の段階であっても、キャリアパスを描くことができるということです。一般的には就職がキャリアパスのスタート地点と言われます。しかし、自らのキャリアパスを早い段階からイメージでき、スタート地点である就職すらをその通過点と捉えられる学生こそが、企業の求める人材なのです。

法律・財務・語学は、どの業界に就職しても役立つ!

ビジネススキルの構造を理解すると、どの業界でも役立つスキルが存在することが分かりました。こうした法律、財務、人事労務などの知識は、どの業界に就職しても、企業や団体である以上、必ず必要とされる知識なのです。

では、こうしたスキルはどのようにして身につけるのでしょうか?下の図をご覧ください。『東洋大学生協WEB資格講座』で取得できる資格を、先に挙げた分野ごとにプロットしています。つまり、法律、財務、IT、語学など、様々な分野のスキルは、資格取得をすることで身につけることが可能なのです。東洋大学生協WEB資格講座をうまく活用すれば、どの業界に就職しても役立つ実務知識をいくつでも習得できます。


将来のキャリアパスを考えて資格を選ぶ!

就職活動の前に「何か資格を取らないと」という話しを聞く事があります。就職活動に対して危機感を持って行動することは大切ですが、就職活動に役立つという理由で資格を選ぶのは少し残念です。また、採用担当者もプロですから、それをすぐに見抜きます。面接では、「自分は将来、こんなふうに社会で活躍したい!」そうした思いを持って行動している学生なのかどうかを注意深く観察しています。

大学在学中にやりたい仕事が決っていても、いなくても、自分のキャリアパスを描くことは可能です。そのキャリアパスの中で、どういった資格を選び、取得するのかが重要なのです。そうしていれば、面接で、資格を取った理由を問われても、自信を持って回答することができるはずです。




お申込み(初回登録) 各講座の詳細を見る


やりたい仕事が決まってなくてもキャリアパスは描ける!

「ビジネススキル」といっても、その中身を分解すると様々なスキルで構成されていることが分かります。プレゼンテーション能力や論理的思考力、積極性、業界内で役立つ専門技術…数えるだけでも大変です。ただ、そのスキルを分類していくと、スキルアップが難しい、性格的な特性のグループや、元々持っている思考力といった基礎的な能力のグループだけではなく、努力や経験でスキルアップが可能な、業務能力や実務知識、専門能力のグループが存在することがわかります。

ここで特に注目したいのは、「実務知識」というグループに属する能力です。
そこには、法律、財務、労務、マーケティング、経営管理に関する知識、さらに、語学力、パソコン技能といった能力が属しています。一般にこれらのスキルは、どの業界に就職しても役立つスキルであると言われます。就職後に転職を繰り返したとしても、いつも自分を守ってくれる普遍的な技能なのです。これらの実務能力は、社会人になり、自らのキャリアパスを考えるようになってから、重要性に気付く方が多いのが現状です。

実務スキルが、どの業界でも役立つ普遍的なスキルだということは、どの業界に就職するかを決めていない大学生初期の段階であっても、キャリアパスを描くことができるということです。一般的には就職がキャリアパスのスタート地点と言われます。しかし、自らのキャリアパスを早い段階からイメージでき、スタート地点である就職すらをその通過点と捉えられる学生こそが、企業の求める人材なのです。

法律・財務・語学は、どの業界に就職しても役立つ!

ビジネススキルの構造を理解すると、どの業界でも役立つスキルが存在することが分かりました。こうした法律、財務、人事労務などの知識は、どの業界に就職しても、企業や団体である以上、必ず必要とされる知識なのです。

では、こうしたスキルはどのようにして身につけるのでしょうか?下の図をご覧ください。『東洋大学生協WEB資格講座』で取得できる資格を、先に挙げた分野ごとにプロットしています。つまり、法律、財務、IT、語学など、様々な分野のスキルは、資格取得をすることで身につけることが可能なのです。東洋大学生協WEB資格講座をうまく活用すれば、どの業界に就職しても役立つ実務知識をいくつでも習得できます。

将来のキャリアパスを考えて資格を選ぶ!

就職活動の前に「何か資格を取らないと」という話しを聞く事があります。就職活動に対して危機感を持って行動することは大切ですが、就職活動に役立つという理由で資格を選ぶのは少し残念です。また、採用担当者もプロですから、それをすぐに見抜きます。面接では、「自分は将来、こんなふうに社会で活躍したい!」そうした思いを持って行動している学生なのかどうかを注意深く観察しています。

大学在学中にやりたい仕事が決っていても、いなくても、自分のキャリアパスを描くことは可能です。そのキャリアパスの中で、どういった資格を選び、取得するのかが重要なのです。そうしていれば、面接で、資格を取った理由を問われても、自信を持って回答することができるはずです。


お申込み(初回登録) 各講座の詳細を見る